ニュース

米国シニア全米シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米シニアオープン
期間:07/29〜08/01 場所:ベルリーブCC(ミズーリ州)

最長コースに巨大グリーン、全米シニアを制するのは・・・

今季はマーク・ジェイムスとピート・オークリーといった初優勝をメジャーで手にするシンデレラ・ストーリーが続いているが、このトレンドは今週の「全米シニアオープン」でも続くのだろうか?

ミズーリ州セントルイスのベルリーブCCは7100ヤードを越える全米シニア史上最も長いコース。さらにグリーンも史上最大級。世界中で見てもグリーンのサイズの大きさで右にでるものはいないとされている。

<< 下に続く >>

ジェイ・ハース
「ここではグリーンオンは楽だよ、あれだけ大きいからね。しかしパットが10メートルや20メートルを越えるものになってくる。また2パット目が5メートル近くとなってしまうケースも多いだろうから、パット勝負だよ。もちろんフェアウェイキープは当たり前、アプローチも良くなきゃダメだよ。基本はすべて押さえなきゃダメだ。その上でパットが完璧でなければならないんだ」

ブルース・リツキー(ディフェンディング・チャンピオン)
「長いコースで巨大なグリーンだからね。すごいコースだよ。昨年のコースに似てはいるけどサイズが大きくなった感じだね。ボールの落とし所をしっかりとらえていかないと大変。練習ラウンドを進めるにつれ、コースの難しさが分かる。ティショットはドローとフェードの両方を要求されるし、グリーンも安全圏に落とさなければ命取りだからね。一緒に練習ラウンドを周ったトム・カイトが僕の中での優勝候補だよ。今言ったコース戦略が完璧に出来ていたからね。またヘール・アーウィンやトム・ワトソンのようにドローもフェードも打てる選手が有利だね。僕はきっと苦戦するけど、コースが素晴らしくて大好きだから楽しむよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!