ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

松山英樹は26位、石川遼はマスターズ出場果たせず/男子ランキング

2014/04/08 10:45

◎ワールドランキング(2014年度 第14週)
「マスターズ」の前哨戦となる「シェル ヒューストンオープン」は、優勝により「マスターズ」最後の招待状を勝ち獲るチャンスを狙い、出場資格を持っていない多くの選手たちがプレーに臨んでいた。

石川遼は通算3アンダーの31位タイで競技を終了した。年間レースとなるFedEXカップポイントランクでは28位に上昇と健闘をみせたが、6年連続マスターズ出場は叶わなかった。昨年8月に163位まで落ち込んでいた世界ランクは、78位(前週比1ランクダウン)となっている。

日本勢では今週「マスターズ」に参戦する松山英樹が前週比1ランクダウンの26位。石川の14試合に比べてPGAツアー競技(2014年シーズン)9試合に参戦している松山のFedEXカップポイントランクは43位につけている。

「シェル ヒューストンオープン」では豪州出身のマット・ジョーンズがプレーオフで、マット・クーチャーを下し優勝。世界ランクポイント58点を獲得したジョーンズは、前週の順位よりも49ランクアップして41位にジャンプアップした。ちなみに昨年アダム・スコットがオーストラリア出身の選手として初めて「マスターズ」を制覇したが、今年の大会には最多となる7人のオーストラリアの選手が参加する。

世界ランクトップ10以内ではプレーオフで敗れたマット・クーチャーが、前週の11位から7位とトップ10に復帰。優勝すれば世界ランク1位になる可能性があったヘンリック・ステンソンは54位で競技を終え、前週と同じ世界ランク3位の位置をキープしている。

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
1位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
2位/アダム・スコット(オーストラリア)/出場せず オープンウィーク/変動なし
3位/ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)/シェル ヒューストンオープン 54位/変動なし
4位/ジェイソン・デイ(オーストラリア)/出場せず オープンウィーク/変動なし
5位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/シェル ヒューストンオープン 12位/変動なし
6位/セルヒオ・ガルシア(スペイン)/シェル ヒューストンオープン 3位/2ランクアップ
7位/マット・クーチャー(アメリカ)/シェル ヒューストンオープン 2位/4ランクアップ
8位/ジャスティン・ローズ(イングランド)/出場せず オープンウィーク/2ランクダウン
9位/ロリー・マキロイ(北アイルランド)/シェル ヒューストンオープン 7位/2ランクダウン
10位/ザック・ジョンソン(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン

★ 主な日本人選手は以下の通り

世界ランク/順位選手名/前週の試合結果/前週との比較
26位/松山英樹/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン
78位/石川遼/シェル ヒューストンオープン 31位/1ランクダウン
89位/小田孔明/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン
103位/片山晋呉/出場せず オープンウィーク /1ランクダウン
121位/谷原秀人/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン
160位/池田勇太/出場せず オープンウィーク/3ランクダウン
175位/藤本佳則/出場せず オープンウィーク/3ランクダウン
190位/小林正則/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン
198位/川村昌弘/出場せず オープンウィーク/2ランクダウン
204位/藤田寛之/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン
207位/宮里優作/出場せず オープンウィーク/2ランクダウン
234位/薗田峻輔/出場せず オープンウィーク/6ランクダウン
237位/山下和宏/ 出場せず オープンウィーク/5ランクダウン
252位/松村道央/出場せず オープンウィーク/3ランクダウン
270位/小平智/出場せず オープンウィーク/5ランクダウン
272位/近藤共弘/出場せず オープンウィーク/6ランクダウン
301位/河野祐輝/出場せず オープンウィーク/6ランクダウン
302位/武藤俊憲/出場せず オープンウィーク/12ランクダウン
312位/上井邦浩/出場せず オープンウィーク/11ランクダウン

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~