ニュース

米国女子CMEグループ ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗は13位に後退 トンプソンが首位浮上

◇米国女子◇CMEグループ ツアー選手権 2日目(16日)◇タイバーアンGC(フロリダ州)◇6556yd(パー72)

4位からスタートしたレキシー・トンプソンが5バーディ、ボギーなしの「67」で回り、通算12アンダーの単独首位に浮上した。トンプソンはポイントランキング25位で最終戦に進出。2年連続の年間タイトルの可能性は潰えているが、今季初優勝に前進して大会を折り返した。

3打差の通算9アンダーの2位に、ブリタニー・リンシコムと首位から後退したエイミー・オルソンが続く。

2位スタートの畑岡奈紗は4ボギー「76」と落とし、通算4アンダーの13位に後退した。ポイントランクで4位につける畑岡は優勝を逃しても、他選手の成績次第で年間タイトルの可能性を残している。

ポイントランク1位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)は24位からスタートし、4バーディ、3ボギーの「71」。通算3アンダーの20位で終えた。

横峯さくらはイーブンで回り、通算イーブンパーの37位。上原彩子は「73」とし、通算3オーバーの59位につけている。

関連リンク

2018年 CMEグループ ツアー選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~