ニュース

米国女子女子ワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 女子ワールドカップ
期間:01/19〜01/21 場所:ゲーリープレーヤーCC(南アフリカ)

チームジャパンは首位と16打差の14位タイと大きく出遅れる!

南アフリカのサンシティにあるゲーリープレーヤーカントリークラブで開幕した「ワールドカップ女子ゴルフ」の第3回大会。初日は参加22カ国の2名がそれぞれ18ホールのストロークプレーを行い、合計スコアで競われるシングルス戦が行われた。

難コースといわれる中、5アンダーを記録し単独首位に立ったのは、米国LPGAツアーでも活躍するフリエタ・グラナダを有するパラグアイだった。各チームボギー必至の我慢比べを展開する中、パラグアイの2名は2アンダー、3アンダーといとも簡単に好スコアを出してきた。

<< 下に続く >>

続く1アンダーの単独2位は韓国。ヤング・キムが1バーディ、1ボギーと安定したゴルフを見せイーブンパーでラウンドすると、韓国LPGAツアーで昨年賞金女王になった甲智愛が5バーディ、4ボギーと攻めのゴルフで1アンダーを記録した。

単独3位のイタリア・スコットランド以降オーバーパーの数字が並ぶのだが、注目の日本は諸見里しのぶが6オーバー「78」。上田桃子は5オーバー「77」と共にスコアを伸ばせず通算11オーバーの14位タイ。首位のパラグアイとは16打差という苦しい展開となってしまった。

上田桃子
「期待してくれた人がたくさんいたのに結果を出せず悔しいです。1日目が勝負だと思って一生懸命やったのですが、こういう結果になってしまいまして・・・。上位に付いていくのは難しいとは思いますが、明日からはビッグスコアを出すことだけ考えて頑張ります」

諸見里しのぶ
「本当にごめんなさい。明日は絶対に巻き返します。このままでは日本に帰れませんので。出発前の会見でミスをしてもゴメンと言わないと約束しましたが、2回も言ってしまいました」

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 女子ワールドカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!