ニュース

米国女子ISPSハンダオーストラリアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

猛チャージのチョイ、アマのリーと並んで首位浮上!野村は16位で踏ん張る

2014/02/15 16:19

◇米国女子◇ISPSハンダオーストラリアン女子オープン 3日目◇ザ・ビクトリアGC(オーストラリア)◇6,479ヤード(パー72)◇

大会3日目、最終組がスタートする3時間27分前にスタートしたチェラ・チョイ(韓国)が、コースレコードとなる「62」をマークして通算13アンダーへとジャンプアップ。通算9アンダーの3位からスタートし、「68」で回った地元オーストラリアのアマチュア、ミンジー・リーと並んで首位に立った。

首位と2打差の通算11アンダー、3位にはリディア・コー(ニュージーランド)。通算10アンダーの4位にはスーザン・ペターセン(ノルウェー)が続いている。

前日に7ストローク伸ばして20位タイに浮上したシャイアン・ウッズは、3バーディ、2ボギーと伸び悩み通算6アンダーの23位タイに後退している。

日本勢は上原彩子野村敏京が通算6アンダー12位タイで同組でのラウンドとなった。4バーディ、3ボギーとスコアを伸ばした野村が、通算7アンダーの16位タイに浮上。一方、上原は2バーディ、4ボギーとスコアを崩し通算4アンダーの37位タイに後退した。

関連リンク

2014年 ISPSハンダオーストラリアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~