ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 キア・クラシック
期間:03/21〜03/24 場所:アビアラGC(カリフォルニア州)

宮里藍、上原、上田の3選手が決勝R進出 単独首位にB.レカリが浮上

2013/03/23 11:40

◇米国女子◇キア・クラシック 2日目◇アビアラGC(カリフォルニア州)◇6,593ヤード(パー72)

初日に43位タイで日本勢最上位に立った宮里藍。大会2日目はイーブンパーの「72」に踏みとどまるも、通算イーブンパーの33位タイに順位を上げている。この日インコースからスタートした宮里は前半に3つのバーディを奪ってスコアを伸ばすも、後半は一転、ボギー2つ、また8番ではダブルボギーを叩くなど失速し、スタート時と同じイーブンパーに戻してホールアウトした。

2日目に単独首位に浮上したのはベアトリス・レカリ(スペイン)。首位を3打差で追いかけ、6位タイからスタートしたレカリは、5バーディ、ノーボギーの「67」をマークしてスコアボードを駆け上がった。1打差2位タイにはカリー・ウェブ(オーストラリア)、ポーラー・クリーマーの2選手、通算6アンダーの4位タイにはクリスティ・カージェーン・パークほか、キム・インキョン朴仁妃、カン・へジの韓国勢が続いている。

そのほか日本勢では、上原彩子が5バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「73」でラウンドし、通算2オーバーの50位タイ、上田桃子は3バーディ、2ボギーのトータル1アンダーと粘り、通算2オーバーの50位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。宮里美香はトータル3オーバーの「75」を叩いて、通算4オーバーの75位タイ、有村智恵は2バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの「76」と大きくスコアを崩し、通算5オーバーの91位タイに後退して決勝ラウンド進出はならなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!