ニュース

米国女子サムスンワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 サムスンワールドチャンピオンシップ
期間:10/04〜10/07 場所:ヒッデンブルックGC(カリフォルニア州)

初日は静かな展開。朴セリが2週連続を狙う

米国女子ツアーは「サムソンワールドチャンピオンシップ」がカリフォルニア州のヒッデンブルックGC開幕した。今週も特別試合で、出場人数は20人限定。 出場者は指定試合の優勝者、賞金ランキング上位者、ヨーロピアンツアーと韓国ツアーの現時点の賞金女王、そしてディフェンディングチャンピオン、USLPGAツアーの賞金ランキング上位選手がとなっている。

日本には8月の時点で賞金ランキング首位の天沼知恵子に招待がきたが、米同時多発テロの影響で出場を辞退した。

<< 下に続く >>

初日は首位が2アンダーと静かな滑り出しになった。その首位に立ったのは2週連続優勝で賞金ランキングでも一気に首位に立ちたい韓国の朴セリと、アメリカの若手実力派D.デラシンの2人だった。 ともに4バーディ2ボギーのラウンドとなった。

1アンダーの3位にはE.クレイン、K.ロビンスとS.グスタフソンが並び、イーブンパーの6位にK.ウェブがつけている。前半は2番でボギーを叩き、折り返し後10番でもボギー。2オーバーとなったが、その後はパー5でバーディを奪うなど持ち直した。

また、現在賞金トップのA.ソレンスタムは先週欠場となったが、今週は元気な姿を見せている。しかし、ウェブ同様前半にボギーを叩きスコアは伸ばせず1オーバー7位タイとなっている。首位のスコアが伸びていないだけに明日以降誰が抜け出すか楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 サムスンワールドチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!