ニュース

米国女子セーフウェイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 セーフウェイクラシック
期間:09/13〜09/15 コロンビアエッジウォーターCC(オレゴン州)

A.ソレンスタムが今季8勝目をマーク

米国女子ツアー「セーフウェイクラシック」最終日。賞金ランク対象試合最後の試合で、アニカ・ソレンスタムが1打差でケイト・ゴールデンを振り切り優勝。今季8勝目、ツアー通算39勝目を挙げた。

10番ホールまでに4つスコアを伸ばしたソレンスタムは、トータル17アンダーで楽勝ペースで独走していたが、スコットランドのゴールデンが11番、12番で連続バーディを決め2打差に迫り、ソレンスタムにプレッシャーをかけてきた。この時点で2人のマッチレースとなり、さらにソレンスタムは15番パー4でボギーを叩いて、その差は1ストロークとなってしまった。

そして迎えた最終ホールで両者ともに約3メートルのバーディチャンスにつけ、やや遠かったソレンスタムが先に打ち、これを見事に沈め、優勝の栄冠を手にした。その直後にゴールデンもバーディを決めたが、惜しくも1打差で単独2位フィニッシュとなった。

アニカ・ソレンスタム
「試合の中盤までは楽勝ムードで『守りに入ってもいいかな?』と思っていたけど、ゴールデンが凄い勢いで追い上げてきたから、後半は気を引き締めて戦った。今日は出だしから良いプレーができたけど、ゴールデンは更にその上を行っていた。良い試合ができてとても嬉しい。2日目に62でまわったので、良いショットを出し尽くした感じ。私の集中力が続く原因は、毎年必ず新たにゴールを設定するから。プレー内容を振り返って、成績の悪かった部分を徹底的に練習するからだと思う」

これで通算39勝目のソレンスタムだが、これは女子ツアー歴代10位の記録となった。まだ31歳のソレンスタムだが、どこまで勝利数を伸ばすか楽しみだ。

そして日本勢で只1人、決勝ラウンドに進出した福嶋晃子は、7番パー5でイーグルを奪うなどスコアを5つ伸ばし、トータル8アンダーで7位タイでフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 セーフウェイクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。