ニュース

米国女子ロングスドラッグスチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ロングスドラッグスチャレンジ
期間:09/23〜09/26 場所:ザ・リッヂGC(カリフォルニア州)

強豪蹴散らしたC.キムがツアー初優勝!東尾は粘って34位

カリフォルニア州にあるザ・リッヂGCで開催されている、米国女子ツアー第26戦「ロングスドラッグスチャレンジ」の最終日。最終ホールまでもつれた優勝争いは終盤猛チャージをかけた若手クリスティーナ・キムがカリー・ウェブを1打差で振り切りツアー初優勝を挙げた。

最終組から1つ前の組で周ったキムとウェブ。11番ホールを終えた時点では、ジュリー・インクスターが17アンダーでキムとウェブに3打差をつけ独走態勢に入ったかに見えた。しかし、そこからキムは3つのパー3で全てバーディを奪うなどの勢いでトップに立った。

<< 下に続く >>

最後は3度賞金女王になったウェブとのデッドヒート。この日1イーグル、5バーディと大健闘したが、17番ではキムのバーディに対し、ウェブはパーで勝負あり。ツアー参戦2年目のキムが、最後の8ホールで5バーディを奪ってスコア「65」で締めくくり、通算18アンダーでホールアウト。記念すべき1勝を強豪勢からもぎ取った。

キムと1打差にウェブ、2打差にインクスターがホールアウト。最終日首位スタートのレタ・リンドレーは2バーディ、5ボギー、1ダブルボギーと大崩れし、13位タイで競技を終えた。逆にこの日のベストスコア「60」をマークしたアンナ・アッカー・マコスコが5位タイまで急上昇した。

唯一の日本人選手、東尾理子は終盤で力を発揮。前半でダブルボギー、ボギーと2つスコアを落としたが、後半2バーディを奪って通算3アンダー、34位タイでフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ロングスドラッグスチャレンジ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!