ニュース

米国女子ケロッグ・キーブラークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ケロッグ・キーブラークラシック
期間:06/04〜06/06 場所:ストーンブリッジCC(イリノイ州)

日本勢3人がアニカと並び1アンダーの37位に!

イリノイ州オーロラにあるストーンブリッジCCで行われている、米国女子ツアー第11戦「ケロッグ・キーブラークラシック」の初日。福嶋晃子東尾理子、山口千春の日本勢3人が揃って1アンダーの37位からの順調なスタートを切っている。

先週から米国ツアーに帰ってきた福嶋は、バーディの後にボギーを叩く展開で5バーディ4ボギーと1つバーディ数が上回った。東尾は、序盤でスコアを伸ばし一時は3アンダーまで伸ばしたが、ダブルボギーとトリプルボギーを叩き大きく後退。だが、上がり2ホールで連続バーディを奪い取り戻してホールアウト。山口は2バーディ1ボギーと安定したゴルフで初日を終えている。日本勢の2日目以降の活躍に期待したい。

<< 下に続く >>

一方、単独首位を走るのはティナ・バレットだ。2番パー4でいきなりイーグルを奪って勢いに乗ると、その後もバーディを積み重ねていった。ボギーのない堅実なゴルフで6アンダーまで伸ばした。

1打差で追う5アンダーの2位には、今季1勝を挙げているクリスティー・カーなど5人。4アンダーの7位には、メジャー緒戦を制したグレース朴など9人がひしめく大混戦となっている。

そのほか大会連覇を狙うアニカ・ソレンスタムと注目の朴セリは、1アンダーの37位タイと静かなスタートを切った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ケロッグ・キーブラークラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!