ニュース

米国女子全英女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英女子オープン
期間:07/28〜07/31 ロイヤルバークデール(イングランド)

宮里藍がイーブンパー、暫定7位タイの好スタート!

米国女子ツアー第21戦「全英女子オープン」が、イングランドのロイヤルバークデールで開幕。悪天候による中断もあり、約30名の選手がホールアウトできずサスペンデットとなった。

毛糸の帽子を被っていた選手もいるほどの厳しい寒さと時折雨脚が強まる悪天候の中、注目の宮里藍が暫定7位タイの好スタートを切った。途中、豪雨による中断をはさみながらも14番まで2オーバー。そして15番のパー5、この日のスーパーショットが飛び出した。残り約220ヤードからフェアウェイウッドで放った2打目がピンそば2.5メートルに寄り、メジャーでは2度目となるイーグルを奪取。さらに17番でバーディを奪ったが、18番でボギーをたたいてしまいイーブンパーで初日を終了した。

同じ組でラウンドしたアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は1オーバー。“アニカ超え”に「今日のスコアは満足。明日も欲を出さずイーブンパーを狙いたい」。パットが決まらず57位タイと低迷した先週の「エビアンマスターズ」では見られなかった自信が、宮里の顔に蘇った。

その他日本人選手では、東尾理子が10番ホールを終えて2オーバーの暫定19位タイ、不動裕理が3オーバーの暫定30位タイと健闘。服部道子表純子は8オーバーの暫定110位タイと大きく出遅れてしまった。

初日4アンダーでトップに立ったのは韓国のジオン・ジャン。2位には3アンダーでソフィー・グスタフソン(スウェーデン)がつけている。15歳のアマチュア、ミッシェル・ウィは3オーバーの暫定30位タイで初日の18ホールを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 全英女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。