ニュース

米国女子女子ワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 女子ワールドカップ
期間:01/20〜01/22 場所:ゲーリープレーヤーCC(南アフリカ)

どうした藍、さくら!?日本チームは大乱調の最下位!

女子ゴルフの国別対抗戦「第2回ワールドカップ女子ゴルフ」が、南アフリカのサンシティ、ゲーリープレーヤーGCで開幕。初日はチームの2選手がそれぞれストロークプレーを行い、各ホール良い方のスコアが記録されるフォアボール競技が行われた。

日本チームは宮里藍横峯さくらの最強新成人コンビ。7番までに3つスコアを伸ばす好スタートを切ったが、8番パー4で思わぬ落とし穴にはまった。横峯のダブルボギーが採用となるフォアボール競技でやってはいけない共倒れ。10番パー5でもダブルボギーをたたいてしまうなど精彩を欠き、結局1オーバーでイタリアと並ぶ最下位スタートとなった。

<< 下に続く >>

首位と8打差。予想外のビハインドにも関わらず、勝負師2人の眼は鋭いままだった。今まであらゆる困難を成長のためのエネルギーに変えてきた2人。「落ちるところまで落ちた。後は上に上がるだけ」。約1万5000キロ離れた地球の裏側で、残り2日間のメイクドラマづくりに全精力を傾ける。

初日7アンダーでトップに立ったのは優勝候補の筆頭に挙げられているアニカ・ソレンスタムリサロッテ・ノイマンのスウェーデンチームと、宋ボベミーナ・リーの韓国チーム。2打差の5アンダー、3位には初出場で大健闘している台湾チームがつけている。また、スウェーデンと並び優勝候補に挙げられているポーラ・クリーマーナタリー・ガルビスのアメリカチームも4アンダーの4位と好位置につけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 女子ワールドカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!