ニュース

国内シニアISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

東聡が逆転、シニアツアー初勝利を飾る

◇国内シニア◇ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメント 最終日◇箱根湖畔ゴルフコース (神奈川)◇6,478ヤード(パー71)

首位に1打差の単独2位からスタートした東聡が「65」と6ストローク伸ばし、通算12アンダーで逆転勝利。2位に3打差をつける快勝で、シニアツアー4年目にして嬉しい初勝利を手にした。

東は出だしから2連続バーディを奪い、同じ最終組を回る中川敏明を早々に抜いて首位に浮上。「ショットはいただけなかったけど、パットに助けられた」と好調なパットも支えとなり、ノーボギーラウンドで首位の座を守りきった。「シニアプロとしてツアーに勝てて嬉しいし、これからまた頑張っていけるような気がしてハッピーだよ。まだ中嶋(常幸)さん、室田(淳)さん、(尾崎)直道さんという3人の王者の足元にも及ばないけど、この優勝で少しは突っ込んでいけるかな」。レギュラーツアー通算7勝を誇った東が、ようやくシニアの舞台で頂点に立った。

通算9アンダーの単独2位に湯原信光。先週の7月1日から東京国際大学の教授とゴルフ部監督に就任した湯原は、「これで学生にも示しがついたし、ものを言える状況を作れたから良かったね」と納得の表情を浮かべた。

通算7アンダーの3位タイに高見和宏と菅原洋一。通算6アンダーの単独5位に松永一成。通算5アンダーの6位タイに佐藤剛平崎山武志グレゴリー・マイヤー(アメリカ)が続いた。首位スタートの中川は75と崩れ、通算3アンダーの16位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。