ニュース

国内女子プロミスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

先週圧勝した三塚優子が単独首位に! 藤田幸希は大乱調

国内女子ツアー第16戦「プロミスレディスゴルフトーナメント」が、兵庫県にあるマダムJGCで開幕した。スタート時には空を覆っていた雲も徐々に晴れ、日中は強い日差しが照りつけるゴルフ日和となった。

この日は風も穏やかで、各プレーヤーはバーディを量産。その中で7バーディ、ノーボギー、7アンダーで単独首位に立ったのは、先週の「ニチレイPGMレディス」で10打差をつける圧勝を飾った三塚優子だ。これで先週から引き続き39ホール連続ノーボギーと、抜群の安定感と爆発力を披露。「ノーボギーが自分の目標なので嬉しい。去年(この大会で)予選落ちをした時より、フェアウェイが広く見えます」と、絶好調ぶりは今週も続いている。

6アンダーの2位タイには、自己のベストスコアを1ストローク更新する「66」をマークした和田委世子と、オーストラリア出身のタミー・ダーディン。5アンダーの単独4位に、「今日はパットが良く入ってくれて、スコアにつながりました」という有村智恵が食い込んだ。

また、10年ぶりに2試合連続予選落ちを喫し、先週は欠場して調整に当てた不動裕理は、日下部智子と並び4アンダーの5位タイと上々の立ち上がり。一方、ツアー制度施行後では日本人初となる同一大会3連覇がかかる藤田幸希は、1バーディ、2ボギー、2ダブルボギー、1トリプルボギーと大乱調。8オーバーの103位と大きく出遅れ、「力不足です。何かをつかんで帰りたい」と、肩落としていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 プロミスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。