ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

国内女子ツアーも残り3試合となった

国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」が、11月15日(金)から17日(日)までの3日間、千葉県のグレートアイランド倶楽部で開催される。

1985年にリバー富士で初開催され、1994年より現在のグレートアイランドに場所を移した。歴代優勝者には、塩谷育代、岡本綾子服部道子不動裕理らがいる。

<< 下に続く >>

昨年は女子ツアー界で最長飛距離を誇るローラ・デービースが、その力をいかんなく発揮。2位に3打差をつけて、本大会4勝目を挙げた。デービースは、このコース開催となった1994年から3年連続で優勝するほどの相性の良さを誇っていた。

ローラ・デービース(昨年優勝時)
「最終日はパットがなかなか入らなくて心配でした。この時期はいつも日本でプレーしますが、今年は特に安定したプレーをしていると思います」

今季はまだ日本で大きな活躍は見られないが、相性の良いこの大会で前人未到の5勝目を目指すことになる。

国内女子ツアーも、今大会も含め残り3試合。シード権争いをする選手にとっては、ツアー最終戦を除いた2試合となり正念場の1戦となる。賞金女王争いでは、藤井かすみ不動裕理と約500万円差まで肉迫してきた。スパートをかける選手たちのデッドヒートが見られる楽しみな1戦となるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!