ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ついにシーズン1勝目、木村敏美が9アンダーを守った。

国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」は、今シーズン1試合も休まずフル出場を続けるタフな2人のぶつかり合いとなった。

首位の木村敏美を2打差で追う藤井かすみは、3番パー5で2打目をグリーン手前の花道に運ぶと、そこからチップインイーグルを奪った。そして、6番でもバーディを奪い10アンダーの単独首位に浮上した。

一方、ここまでバーディもボギーもなく淡々とパーを重ねた木村は、8番パー3と14番でバーディを奪い11アンダーまで伸ばした。

一時は首位を奪った藤井だが、9番でボギーを叩き遅れをとると、木村の14番バーディにあせりが出たのか、15番では芝目を読み違え3パットのダボ。続く16番パー3もパーパットを打ち切れずボギーで自滅してしまった。

「あんまり悔しくないし、譲っちゃったっていう感じ。一昨年は、いいプレーをして負けたので悔しいけど、今日は何をやっているのかなーという感じ」

15番のグリーン上では、藤井の3パットにつられた訳ではないが、木村も短いパーパットを外し、17番も木村はパーパットを外してしまった。終盤になって、上位陣がバタバタとスコアを崩し、締まらない展開になってしまったが、木村がスタート時の9アンダーを辛うじてキープして優勝を果たした。

「複雑な心境です。今年はプレーオフでも2回負けていて、優勝しないで賞金ランキングベスト3でも狙おうかなと思ったら優勝しちゃいました」

優勝した木村は、賞金1080万円を加算し、シーズン通算5300万円を突破。現在2位につけている5600万円の藤井かすみの背中が見えてきた。今週休んだ首位の不動とは、差も少し縮まり、今後の賞金女王争いも面白くなりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!