ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

飯島、上田が失速!!中国のチャンナが今季最速4勝目を達成!

愛知県にある南愛知CC美浜コースで開催されている、国内女子ツアー第26戦「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。朝から小雨が降る中、8,221人ものギャラリーが詰めかけ、絶好調飯島茜の3週連続優勝なるか期待は高まった。

しかし、まさかの展開が待っていた。1番でバーディを奪った飯島だが、2番ボギーの後3番パー5でまさかのトリプルボギー。その後も3つのボギーで前半を終えて6ストローク落としてしまい優勝争いから脱落してしまった。

代わって優勝争いの主役となったのが、14番までに3つのバーディを奪い8アンダーまで伸ばした上田桃子と、スタートの1番から3連続バーディを奪い猛チャージをかけるチャンナ(中国)の今季3勝どうしの2人。ボギーを叩かぬ堅実なプレーを見せたチャンナは8アンダーでホールアウト。

ところが対する上田は15番パー5でボギーを叩くと、16番パー3ではティショットでグリーンを大きくオーバー。深いラフからのアプローチで2メートルに寄せたが、決められず連続ボギー。一気に6アンダーまで後退し、チャンナに今季4勝目を先に決められてしまった。

初日に7アンダーの単独首位と飛び出した鬼沢信子は、終盤粘りを見せ上田と並び6アンダー2位タイ。5アンダー単独4位に川原由維、4アンダー単独5位には好調の山口裕子。3週連続優勝を狙った飯島茜は2アンダー単独8位で大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。