ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

中国の張娜が独走態勢に! ツアー初優勝に王手をかける

兵庫県にある六甲国際GCで行われている、国内女子ツアー第12戦「We Love KOBE サントリーレディスオープン2007」の3日目。上位陣のスコアが伸び悩む中、中国出身の張娜チャンナ)が通算11アンダーとスコアを伸ばし、後続に8打差をつける独走態勢に入った。

この日は朝から不安定な空模様。10時からは雷雲が近づき、約1時間以上に渡る中断となった。それでも、首位と2打差の単独首位からスタートした張娜のプレーは乱れない。前半で2つ、後半に入っても1つスコアを伸ばす堅実なプレーを見せ、通算11アンダーフィニッシュ。張娜は昨年の最終予選会で10番目にランクされ、今季のツアー出場権を手にした。今季8試合に出場して予選落ちはわずかに1回。少ないチャンスをものにし、ツアーでも安定した実力を発揮している張娜が、参戦9試合目にしてタイトルを手にすることができるのか。

<< 下に続く >>

8打差の通算3アンダー2位タイには、不動裕理諸見里しのぶの2人。明日は、この日と同じ最終組を回ることになるが、2人の実力を持ってしても8打差は大き過ぎる開き。序盤からスコアを伸ばし、張娜にプレッシャーをかけていきたいところだ。

2アンダーの4位タイには、「69」をマークして18位タイから浮上した大山志保西塚美希世が続いている。また、上田桃子は通算イーブンパー。6番パー3でホールインワンを達成した上原彩子と並び、11位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!