ニュース

国内女子シャトレーゼクィーンズカップの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋晃子の一人旅 2位以下に8打差のリード!

北海道夕張郡にあるシャトレーゼカントリー倶楽部札幌で行われている、国内女子ツアー第13戦「シャトレーゼクィーンズカップ」の2日目。7:30に開始される予定だったが濃霧のため、スタート時間が10:30に変更された。その後は順調に進んでいたが、18:00に再び濃霧のため中断。結局、5組15人の選手が最終ホールを消化できないまま、日没サスペンデッドとなった。

この日もアンダーパーでラウンドするのが困難なコンディションの中、首位スタートの福嶋晃子が快進撃を続けている。出だしの1番で幸先の良いバーディを奪い、前半で3つスコアを伸ばした。後半では、15番パー4でチップイーグルを決めるなどさらにスコアを伸ばした福嶋は、残り1ホールを残し通算7アンダーの単独首位。2位以下に8打差をつけて、明日最終日を迎える。

大きく水をあけられてしまったが、通算1オーバーで2位につけたのは米山みどり。前半は全てパープレーと我慢のゴルフが続いたが、14番でようやくこの日初のバーディ。だが、17番パー3でボギーを叩いてしまった。福嶋との差をどこまで縮めることができるのか注目したい。

次いで通算2オーバーの3位タイに、渡辺聖衣子、森山江理子、肥後かおりの3人が並んでいる。また通算3オーバーの6位タイには、藤井かすみ高又順のほか、この日4つスコアを伸ばした佐々木慶子がつけた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 シャトレーゼクィーンズカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。