ニュース

国内女子ベルーナレディースカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藤井が爆発力のあるプレーで首位!アマの宮里が1打差

群馬県の小幡郷ゴルフ倶楽部で行われている、国内女子ツアー第14戦「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」の2日目。この日、単独首位に立ったのが、6つスコアを伸ばし、通算9アンダーとした藤井かすみだ。これにアマチュアの宮里美香、小川あいが通算8アンダーで続いている。

この日の藤井は出だしの1番でのバーディをきっかけに、前半で合計5つのバーディを奪取する猛チャージを見せた。後半に入っても勢いは止まらず、14番、17番でバーディを奪いおいホールアウト。最終日このまま逃げ切り今季2勝目となるか。

また、首位を追走するのは、通算8アンダーとしたアマの宮里と小川の2人。まず宮里は、自己ベストのスコア「66」を叩き出して、スコアを6つ伸ばす完璧なプレーを展開。途中連続バーディを3回奪い、しかもノーボギーという文句のつけようのないゴルフでホールアウト。明日の最終日、アマチュアでの最年少記録がかかる逆転優勝へ向けて、万全の状態だ。

そして、小川も2番でバーディを奪って勢いに乗ると3番、5番でバーディ、そして7番ではイーグルを奪取するなど好調なプレーを見せており、こちらも期待十分。また、単独4位には、7バーディ、4ボギーという、やや出入りの激しいゴルフとなった村井真由美が通算7アンダーの4位。通算6アンダーの5位グループに、初日単独首位に立っていた馬場ゆかり上原彩子ら4人がつけた。

そのほか、注目選手の横峯さくら、アマチュア15歳の金田久美子らは通算4アンダーの14位タイへと一歩後退。明日の巻き返しに期待したいところだ。いずれにしても首位と4打差以内に13人がひしめく混戦状態だけに、誰が優勝してもおかしくない。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ベルーナレディースカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。