ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

米山が今季2度目のプレーオフを制す!表は10度目の2位

千葉県の千葉廣済堂カントリー倶楽部で行われている、国内女子ツアー第9戦「廣済堂レディスゴルフカップ」の最終日。各選手が果敢にスコアを伸ばしたため、勝負の行方が最後まで全く分からない白熱した展開となった。

前半は、中道かおり、李知姫が4連続バーディを奪い、トップ争いをする米山みどり表純子を猛追。それでも2位スタートの表が、前半で3つ伸ばし10アンダーで一歩抜け出した。

続く後半、首位スタートの米山が11番でバーディを奪い、表に1打差まで詰め寄りプレッシャーを与える。しかしその後は、チャンスを迎えるも追いつくことができず、迎えた最終18番パー5。米山は、フェアウェイに立っている名物の木の手前から放った3打目が、ピン横3メートルにつけるスーパーショットでバーディ。表は3オン2パットでパーセーブし、通算9アンダーで並んだ米山、表のプレーオフに突入した。

決着が付いたのは、プレーオフ1ホール目。表はティショットを右の林に打ち込み、2打目は出すだけ。これに対し米山は、左ラフからの2打目でグリーンをとらえ、見事2オンに成功した。表も必死に抵抗したが、あと一歩届かず通算10度目の2位。米山が「カトキチクイーンズゴルフトーナメント」に続き今季2勝、ツアー通算6勝目をマークした。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。