ニュース

国内女子サロンパスワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

女王不動が首位浮上!藍・さくらは再び同組!!

東京よみうりカントリークラブで開催されている、国内女子ツアー第6戦「サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント」3日目。前日の雨が午前中まで残ったが、午後になると日差しが出始め蒸し暑さを感じる中でのラウンドとなった。2日間首位の大山志保はスコアを1つ伸ばし10アンダー首位。その大山に並んだのは5年連続賞金女王の不動裕理だった。

1アンダー7位からスタートした不動は、1番でバーディを奪うと5番から3ホール連続でバーディを奪い2位に浮上。10番でボギーを叩いたが、続く11番パー5でイーグル。さらに3つスコアを伸ばし10アンダーでフィニッシュ。コースレコードタイ記録となる「64」をマークし3年ぶりの大会制覇に一歩近づいた。

そして注目の宮里藍横峯さくらだが、3アンダー4位スタートの宮里は前半1ストローク伸ばすと11番パー5でグリーンエッジからチップインイーグル。今年練習を積んだ9番アイアンでのランニングアプローチが決まった。その後スコアを伸ばしたかったが、ピンを攻めきれず逆に15番パー3でボギーを叩き5アンダー単独4位となった。

一方、4アンダー2位スタートの横峯は、10番でダブルボギーを叩き2ストローク後退。11番パー5でバーディを奪ったが、13番から3ホール連続でボギーを叩き1アンダーまで失速。起死回生を狙った17番パー5では、ドライバーでフェアウェイをキープすると、ピン位置を確認し4番アイアンで見事2オンに成功。イーグルパットを決めて3アンダーまで戻した。

横峯は3日目を終えて、天沼知恵子と並び5位タイ。最終日は再び宮里と同じ組でラウンドすることになった。横峯は「2人一緒だとラウンド中に話しかけてしまうので、お互い少し距離を置いて集中力を高めたい」と言う。首位と5打差の宮里、7打差の横峯だが、最終日にどこまでスコアを伸ばしてくるか楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。