ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

服部、井芹が首位!宮里藍が大きく出遅れる波乱!!

国内女子ツアーの第9戦で、国内メジャー初戦となる「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」が、茨城県の茨城ゴルフ倶楽部・西コースで開幕。今大会には、先週の米ツアーで早くも今季3勝目を果たした宮里藍が凱旋出場することや、米ツアーでもトップクラスの選手が数多く出場することで、メジャーらしい顔ぶれが揃った。

注目の初日は、その宮里がスコアを伸ばせず苦戦を強いられている。12時15分に10番ホールからスタートした宮里は、いきなり20m近いロングパットを決めてバーディを奪った。しかし、次第に強さを増した風にも翻弄され、ショットの精彩を欠いてしまう。初日は4オーバーの50位タイ、首位とは8打差と苦しい展開になってしまった。

<< 下に続く >>

首位に立ったのは、4アンダーをマークした服部真夕井芹美保子の2人。ともに、午前中の風が穏やかなうちにラウンドしてスコアを伸ばしている。1打差の3アンダー単独3位につけたのは、現在世界ランキング2位の台湾のヤニ・ツェン。宮里と同じ組でラウンドし、序盤は2つのボギーが先行したが、最終9番で5つ目のバーディを奪い好位置につけた。

さらに1打差の2アンダー4位タイには、佐伯三貴中田美枝イ・ナリイム・ウナの4人。1アンダー8位タイに上田桃子モーガン・プレッセル宋ボベと強豪が顔をそろえている。

また、昨年の賞金女王横峯さくらは2オーバー26位タイ。大会連覇を狙う諸見里しのぶは、後半の5番パー5でイーグルを奪ったが、3オーバーの40位タイと不満の残るラウンドに。今季すでに1勝している有村智恵は、先週の最終日にスコアを崩したが、その影響が続いているのか、10オーバー100位タイと大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!