ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

横尾要が単独首位! ホストプロの石川遼は出遅れる

国内男子ツアー第15戦「アジアパシフィック パナソニックオープン」が、大阪府にある茨木カンツリー倶楽部 西コースでと開幕した。一日を通して曇天が続くも雨は降らず、風もほとんど吹かない好コンディションに恵まれた。

アジアンツアーを主戦場とする海外選手がほぼ半数を占める中、8アンダーで単独首位に立ったのは横尾要。「ショットもパットも良くて、100点満点か100点オーバー」という8バーディ、ノーボギー、自己ベストとなる「62」をマーク。初日から会心の内容で、絶好の滑り出しを見せている。

6アンダーの2位タイには、昨年のアジアンツアー賞金王のウェンチョン・リャン(中国)とマーカス・ボス(オーストラリア)の2人。5アンダーの4位タイには、篠崎紀夫金庚泰(韓国)、張連偉(中国)がつけている。

深堀圭一郎谷原秀人桑原克典らは、4アンダーの7位タイグループを形成。前週に今季初勝利を挙げた矢野東は3アンダーの18位タイ。片山晋呉は1オーバーの74位タイ、丸山茂樹は2オーバーの89位タイと出遅れた。また、ホストプロとして出場している石川遼は、ショット、パットともに精彩を欠き、1バーディ、7ボギーの「76」。6オーバーの122位タイと苦しい立ち上がりとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。