ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

川村昌弘が日本勢トップの2位発進 石川遼は34位

◇国内男子&アジアン◇レオパレス21ミャンマーオープン 初日(25日)◇パンラインゴルフクラブ (ミャンマー)◇7103yd(パー71)

タイ出身の22歳、ラタノン・ワナスリチャンが6バーディ「65」とし、後続に2打差の6アンダー首位の好スタートを切った。

日本勢トップの4アンダー2位タイにつけたのは、5バーディ、1ボギーの「67」でプレーした川村昌弘。日本ツアーメンバーのショーン・ノリス(南アフリカ)、デービッド・オー(米国)ら5人が並んだ。

日本勢ではほかに、星野陸也堀川未来夢が3アンダーの7位。2アンダーの19位に池田勇太小鯛竜也、前週の開幕戦を2位タイで終えた小平智らが続いた。

大会初出場の石川遼は4バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、1アンダーの34位。後半12番を終えて3アンダーまで伸ばしたが、15番(パー3)、16番で連続ボギーをたたいた。

<主な成績>
順位/スコア/選手名
1/-6/ラタノン・ワナスリチャン
2T/-4/川村昌弘ショーン・ノリス、デービッド・オー ほか
7T/-3/星野陸也堀川未来夢 ほか

34T/-1/石川遼 ほか

関連リンク

2018年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~