ニュース

国内男子宇部興産オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

またもB.ジョーブが首位を奪う!

首位にB.ジョーブ、2位に葉彰廷。なんか記憶に残っている構図だ。勝負だから仕方がないとはいえ、いったいどうなっているの?と言いたくもなる。
B.ジョーブは7番でイーグル。他に6バーディ、ホギーなし。ほぼ完璧なゴルフで64をマークしてのトップ。 「いいラウンドだった。先週の続きで非常に疲れているのだが、でもなぜか先週と同じようなゴルフができている」とジョーブ。 「今週が終わったらデンバーに帰って休養だ。もし勝てたらすばらしいボーナスだけどね」

葉彰廷はボギーが2つ。しかし7バーディ。「昨日は同じ台湾の洪家煌さんががんばっていたので、アマチュアには負けられないと思った」 洪家煌とはいつも一緒に練習しているのだとか。 「このところ外国人選手が勝っているので、自分も頑張りたい」と言う。外国人選手の間には、この「あいつが勝てるならオレだって」という押せ押せ気分が広がっているらしい。

芹沢信雄がすごいゴルフをした。10アンダーの62。中身は2番でバーディ。3番で唯一のボギーとしたが4番から3連続バーディ。7番イーグル、8番バーディ。インでも10番11番、14番、16番をバーディ。30-32の62。
「32というスコアはこのところ出ていたし、この大会のプロアマでも30が出た。パットが決まればいいスコアは出るような感じだったけどね。9番でこれを決めれば29というときも楽しんでプレーできた」と言う。
これまでのベストスコアは63。去年の不本意なシード落ちで「一皮むけた」という。62を出して「これでいいかな」という気持ちになったのだとか。

関連リンク

1998年 宇部興産オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~