ニュース

国内男子ヨネックスオープン広島ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ今大会で9勝目

1999/07/11 18:00


11613人のギャラリーが見守る中行われた最終ラウンド。プレーオフを制して今年もジャンボが勝利を手にした。2位に桧垣繁正。パープレーの手島多一は3位に。ジャンボは本大会2連勝、広島オープン通算9勝目となる。

実力はもちろんだが、やっぱり相性がいいのか。初日54位からじわりじわりとトップに詰め寄り、今日は8アンダー伸ばしてトップ桧垣とプレーオフとしたジャンボ。プレーオフはジャンボがバーディ、桧垣がパーであえなく1ホール目で決着がついた。

1イーグル、7バーディ、1ボギーでトータル15アンダー。「6打差のスタートだったから、全然まだまだだと思っていたけど、9番のイーグルでやっと勝算が見えてきたね。すべてのショットも安定していたし」 通算9勝目のうち八本松では7勝を挙げていることについて「好きなコースでは各ホールのイメージが出来上がっている。あそこはとここはこうして行くみたいにね」最終ラウンドを爆発的なスコアで逆転するのも「相性とショットがいいから自然とこうなるんだよ」

今年の前半戦から新しいクラブに変え、ドライバーのつかまりがよくなかった。それがすべてのスウィングに影響していたが「半年かかったけど、ここへきて一番いいセッティングになった」 全米オープンでも「デュバルやスチュアートの腰が切れて抜けていくというスィングをおぼえて来た」今はそのトレーニング中だという。今季2勝目をあげ、調子にのってきたジャンボは若手には非常に怖い存在だ。

5バーディ、3ボギーとした桧垣繁正。「プレーオフになるまでの内容が悪すぎた」 今年2回目のプレーオフでまたもや負けてしまった。「悔しい。2位はもういい。全然満足できない。勝って他にも挑戦したいことがあるし」2勝以上挙げてQスクールに挑戦するのが今の目標だという。

関連リンク

1999年 ヨネックスオープン広島ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~