ニュース

国内男子アコムインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボがいつのまにか7位。田中は77叩き。

初日から60台で走りつづけ、今日に至っては65をマークした谷口徹が首位奪取。3打差2位にオーストラリアのS.コンラン。そのすぐ後ろに今野康晴が踏ん張っている。ジャンボ尾崎は33位17位と徐々に順位を上げ最終日に向け4アンダー7位につけた。前日首位でスタートした田中秀道は77を叩いて2アンダー11位まで後退した。

途中スコアボードで自分がトップにいることを確認したが、守りには入らなかったという谷口徹。「下を見てもしょうがないですから。ビシビシ攻めました。差ならいくらでもあったほうがいいので」 マッチプレーはもう引きずっていない。「済んだことは忘れて、今の調子を大事に、明日も同じようなプレーがしたい」

「ちょっとボギーを叩き過ぎましたよねぇ」と今野康晴は、5バーディ、3ボギー、1ダブルボギー。「3パットもあったし、山あり谷ありでした。もったいない」

1バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの田中秀道。「今日は自分が下手だったというだけです。もちろん腕のことはあるけど、同じ状況で初日、2日目ときちんとプレー出来ていたんですから・・・明日、頑張ります」

57位の木村忠昭が、17番ホールでホールインワンを達成した。「ギャラリーが“ワーッ”と騒いだので入ったのが分かりました。信じられなかった」 思わずホールインワン賞のボードを振りかえってしまった。主催者推薦で出場した木村、予選通過は今大会で初めてだったが、ホールインワンはプライベートを含めて2回目。「予選を通ればこういうチャンスがある。嬉しいです!」 賞金の200万円は、試合に出場するための経費を借りている両親へそっくり渡す。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 アコムインターナショナル




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!