ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボが偉業達成で首位!松山は38位タイ

2013/04/25 17:42

◇国内男子◇つるやオープンゴルフトーナメント 初日◇山の原ゴルフクラブ 山の原コース(兵庫県)◇6,793ヤード(パー71)

66歳のジャンボ尾崎が大記録を打ち立てた。7つのバーディを積み重ねて迎えた14番で3パットでのボギーをたたくが、そこからの気合いは往年のジャンボを彷彿とさせる集中力でスコアを伸ばした。15番、16番と連続バーディを奪うと17番パー5では7メートルのイーグルパットを沈め10アンダーへ。最終18番こそボギーとしたが、9アンダー「62」は文句なしのエージシュート達成。2位以下に3ストロークの差を付ける単独首位となった。

6アンダー2位タイは藤本佳則河井博大松村道央辻村暢大の4人。5アンダー6位タイには兼本貴司川村昌弘谷口徹市原弘大I.J.ジャン(韓国)、ジャビック・パグンサン(フィリピン)、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、イ・スンホ(韓国)、李泰熙(韓国)の9人が並んでいる。

先週の開幕戦で最終日に大きくスコアを崩した池田勇太は3アンダー28位タイ。開幕戦を10位タイでプロデビューを果たした松山英樹は2アンダー38位タイ。右脇腹痛が心配されるディフェンディングチャンピオンの藤田寛之は1アンダー58位タイと出遅れている。

<ジャンボ、17番イーグル奪取で往年のコブラポーズも!>
直前の16番(パー3)でバーディを奪った尾崎将司は、通算8アンダーとして17番(パー5)を迎えていた。パー71なので「66」、通算5アンダーでエージシュートは達成できる。余裕を持ってこのホールに臨むと、ティショットはフェアウェイキープ、そこからピン上7メートルに2オンさせる。

“入りそうな雰囲気でしたね”と記者が振ると「思ってたろう?」と尾崎。「話題を提供するって言っただろう」という尾崎は、このパットを沈めると両手を上げ、その後クラブを刀に見立てて鞘にしまうポーズに続いて、右手で往年の“コブラポーズ”を披露。「あれは良いショットが3つ続いたから嬉しいよ」と破顔した。

「エージシュートを目指してゴルフをしていないから」と、記録には無関心の尾崎。「66というスコアを出したい気持ちはあるよ。5アンダーとか6アンダーが出てくれないと、レギュラーツアーでは戦えないから」。目指すのはもちろん“優勝”の二文字だ。「トーナメントで勝つことが目的」と、精神、技術に体力と己の武器を磨き続ける。進化する66歳は「明日は(成績が悪くて)立ち取材だったりしてな」と舌を出して会見を締めくくった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。