ニュース

国内男子韓日プロゴルフ対抗戦 ミリオンヤードカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 韓日プロゴルフ対抗戦 ミリオンヤードカップ
期間:07/01〜07/03 場所:チョンサンカントリークラブ(韓国)

連覇に向け、日本が韓国に1ポイントをリード!

日本選抜と韓国選抜の対抗戦「ミリオンヤードカップ」が、韓国・釜山近郊のチョンサンカントリークラブで開幕。初日はダブルスによるフォアサム・ストロークプレーでの競技が行われ、日本が3ポイントを獲得。対する韓国は2ポイントを獲得したが、日本が1ポイントのリードを奪った。

対戦成績は、第1組の小田孔明河井博大組が、4アンダーをマークして3打差で勝利。2組目の藤田寛之松村道央組は1つのボールを交互に打つ形式で6アンダーをマーク。5打差で勝利を奪い日本に勢いをつけた。

<< 下に続く >>

3試合目の近藤共弘高山忠洋組も1アンダーをマーク。韓国チームが3オーバーとスコアを崩し圧勝。しかし、4試合目の薗田峻輔石川遼組はイーブンパーでラウンドし、1打差で敗退。5試合目の片山晋呉池田勇太組は、スタートの1番でトリプルボギーを叩き1オーバー。3打差で敗れたが、チームとしては日本が1ポイントリードで2日目を迎える。

2日目はダブルスでのフォアボール形式(それぞれのボールをプレーして良いスコアを採用)、最終日にシングルスのストロークプレーが行われる。それぞれ「勝ち」で1ポイント、「引き分け」で0.5ポイントを獲得し、3日間の合計ポイント数で勝敗が決まる。

<前半3組でポイントを奪った日本がリードして2日目へ>

1つのボールを交互に打ち合うフォアサム形式のダブルスで行われた初日、日本はトップバッターの小田&河井組から“3連勝”。中でも2組目の松村&藤田は1イーグル、7バーディ、3ボギーの「66」を叩き出した。大会初出場の松村は「自分がダメでも藤田さんがなんとかしてくれると思って思い切りやりました」と笑顔。藤田も「1日目でリードしたとはいえ、3日目のシングルスが大きくポイントが動く。有利な形で3日目に入れるようにしたい」と冷静ながら、コンビネーションに手ごたえを感じた。一方で、期待された石川&薗田、片山&池田は敗れてポイントを奪えず。それでも青木功キャプテンは「負けた4人は相当カッカしてると思う。明日どのくらいできるか、期待している」とニヤリと笑った。

<韓国は“最強コンビ”が確実にポイントをゲット>
昨年に続く自国での連敗は許されない韓国チーム。初日を終え、日本に1ポイントのリードを奪われたが、チームに過剰な焦りはなかった。日本ツアーで活躍するベ・サンムンがカン・キュンナムとのコンビで石川&薗田組を1打差で撃破。さらに大ギャラリーを引き連れた最終組のY.E.ヤンキム・キョンテが片山&池田組を3打差で下し、ハン・ジャンサン主将も「経験の少ない選手がポイントを落としてしまったが、勝負は明日から。皆さん、期待してください」と安堵の表情を浮かべた。2009年の全米プロを制したエースのヤンも「いいコンビネーションでできた。序盤から差をつけられたので、落ち着いてプレーできた」と残り2日間への自信をのぞかせていた。

【2日目の組み合わせ】

1組目:高山忠洋近藤共弘 VS チョイ・ホサン&キム・ドフン
2組目:小田孔明河井博大 VS イ・スンホ&ホン・ソンサン
3組目:松村道央藤田寛之 VS キム・デヒュン&パク・サンヒュン
4組目:片山晋呉池田勇太 VS カン・キュンナム&ベ・サンムン
5組目:石川遼薗田峻輔 VS Y.E.ヤンキム・キョンテ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 韓日プロゴルフ対抗戦 ミリオンヤードカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!