ニュース

欧州男子WGC キャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGC キャデラック選手権
期間:03/06〜03/09 TPCブルーモンスターatドラール(フロリダ州)

リードが初のWGCタイトル獲得! 松山英樹は34位フィニッシュ

◇世界選手権シリーズ◇WGCキャデラック選手権 最終日◇トランプナショナルドラール(フロリダ州)◇7,481ヤード(パー72)

2打差の単独首位から出たパトリック・リードが逃げ切り、通算4アンダーで今季2勝目、通算3勝目を挙げた。最初の4ホールを3バーディ1ボギーで通過し、一気に後続との差を開いたリードは、その後は14番、18番のボギーで貯金をはたいたものの「72」でまとめ、WGC初のタイトルを掴んだ。

通算3アンダーの2位は、終盤の追い込みで一時は1打差まで迫ったジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)と「68」をマークしたバッバ・ワトソン。前日まで2位タイのジェイソン・ダフナーハンター・メイハンは、ともに「76」で通算2オーバーの9位タイだった。

3打差からの逆転を狙った世界ランク1位のタイガー・ウッズは、ノーバーディ、6ボギーと不発で、ロリー・マキロイら(北アイルランド)と並んで通算5オーバーの25位タイで終戦。世界ランク2位のアダム・スコット(オーストラリア)も同じ25位だったため、世界ランク1位の交代には至らなかった。

また、21位から出た松山英樹は、前半に1ボギー2ダブルボギーと苦戦し、後半は3バーディと立て直したが、「74」で通算6オーバーとなり、34位タイでフィニッシュ。前日、松山との同組プレーで注目を集めたイアン・ポールター(イングランド)は通算12オーバーで52位タイだった。

関連リンク

2014年 WGC キャデラック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~