ニュース

欧州男子BMWインターナショナルオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 BMWインターナショナルオープン
期間:08/28〜08/31 ゴルフクラブミュンヘン、Nord-Eichenried(ドイツ)

L.ウェストウッドが3年ぶりの復活優勝!!

2003/09/01 09:00

2003年欧州ツアー第31戦『BMWインターナショナルオープン』が、ドイツのゴルフクラブミュンヘンで開催された。4日間通算19アンダーをマークしたイングランドのリー・ウェストウッドが、3年ぶりの優勝を果たした。2000年にシーズン6勝を挙げ、コリン・モンゴメリーが7年間守りつづけた賞金王の座を奪ったウェストウッドだが、その翌年から今週まで3年間スランプに陥っていた。

最終日に首位と3打差の6位からスタートしたウェストウッドは、7番ホールでボギーが先行したが、9番で取り返した。そして後半、11番から3連続バーディで首位に踊り出ると、16番から最終18番までも3連続バーディ。伸び悩む上位陣を尻目に19アンダーまで伸ばした。

日本のゴルフファンならウェストウッドの強さを知っている人も多いはず。それは「住友VISA太平マスターズ」に1996年から3年連続優勝を果たし、98年には「ダンロップフェニックス」にも勝っているからだ。2000年、賞金王になった時には誰もがウェストウッド時代の到来を信じていた。3年ぶりのこの優勝がきっかけになり、再びアーニー・エルスなどと賞金王争いを演じてくれることを願う。

2位には、16アンダーをマークした地元ドイツのアレックス・チェイカが入った。予選ラウンドでは、アーニー・エルスと一昨年この大会で優勝したジョン・デーリーとのラウンドになった。飛ばし屋2人に挟まれながら、持ち前のステディなゴルフでスコアを伸ばしたチェイカは、上位陣がスコアを崩す中6バーディ、1ボギーのランドで2位に食い込んでいる。

さらに1打差の15アンダー3位は、イングランドのポール・ケーシーとゲーリー・エバンス、そしてスコットランドのアンドリュー・コルタートの3人だった。今週から欧州ツアーに戻っている南アフリカのアーニー・エルスは、スコアを伸ばせず苦しいラウンドが続いたが、最終日は8ストローク伸ばしてきた。62位から17位に入るところは、さすがエルスという感じだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 BMWインターナショナルオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。