ニュース

欧州男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

H.メイハンがR.マキロイを破り頂点に!

◇世界ゴルフ選手権◇WGCアクセンチュアマッチプレー選手権 最終日◇リッツカールトンGC(アリゾナ州)◇7791ヤード(パー72)

午前に行われた準決勝2試合は、世界ランク2位のロリー・マキロイ(北アイルランド)が同3位のリー・ウェストウッド(イングランド)を3&1で撃破。ハンター・メイハンマーク・ウィルソンという米国勢同士の対決はメイハンが2&1で勝ち進み、決勝はマキロイとメイハンという顔合わせとなった。

マキロイ22歳、メイハン29歳。今大会の歴史において初の20代対決となった決勝戦は、メイハンが6番(パー3)から3連続でアップを奪い主導権を握る。さらに10番もメイハンが獲り4アップ。マキロイの追い上げにあって2アップまで詰め寄られたが、メイハンが17番をパーで分け合い2&1で勝利。米国勢では08年のタイガー・ウッズ以来4年ぶりの頂点に立ち、2010年「WGCブリヂストンインビテーショナル」に次ぐ自身2つめのWGCタイトルを手にした。

一方、準決勝で世界3位という壁を打ち破り頂点は目前まで迫っていたマキロイ。4ダウンで迎えた11番ではグリーン手前花道からチップインイーグルを奪う見せ場も作ったが、序盤のビハインドを取り戻すには至らず、タイトルまであと一歩及ばなかった。

3位決定戦はウィルソンがウェストウッドを1UPの僅差で破り、最終18番までもつれこむ接戦を制した。

2012年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~