ニュース

欧州男子オメガドバイデザートクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

R.マキロイ、T.ビヨーンがトップタイに浮上!

◇欧州男子◇オメガドバイデザートクラシック2日目◇エミレーツGC(UAE)◇7301ヤード(パー72)

6アンダーの4位タイから出たロリー・マキロイ(北アイルランド)、そしてベテランのトーマス・ビヨーン(デンマーク)が、いずれも「65」をマークして通算13アンダーまでスコアを伸ばしてトップタイに躍り出た。

インコースから第2ラウンドをティオフしたマキロイは、出だしの10番(パー5)でバーディ発進。7バーディ、ノーボギーと素晴らしいゴルフを展開した。

2009年にはツアー初優勝をマーク。昨年も第3ラウンド終了まで首位を走るなど、相性抜群の大会。自身のシーズン開幕戦となった1月末の「アブダビHSBC選手権」では惜しくも1打差の2位に終わったが「すごくいいプレーができた。バーディを着実に獲り続けたら、最高のポジションに立てた。(前週の)アブダビのときよりもかなり自信がついてきた」と今季初優勝へのボルテージは高まるばかりだ。

一方のビヨーンもマキロイと同じく7バーディ、ノーボギー。現在世界ランク2位のマキロイ、同3位のマーティン・カイマー(ドイツ)、リー・ウェストウッド(イングランド)ら強豪が上位でプレーしているが「彼らはとんでもないことをやってのけるけれど、私はスイスで彼らを抑えて勝ったこともある」と、昨季3勝をマークした40歳も一歩も引く気はない。

この2人を1打差で追うのは初日単独首位に立っていたスペインのラファエル・カブレラベロー。さらに1打差の通算11アンダー、4位タイにスコット・ジェイミソン(スコットランド)、グレゴリー・ボーディ(フランス)、そして後半7番(パー3)でホールインワンを達成したカイマーがつけている。

通算10アンダーの7位タイには、ウェストウッドが「65」を出して浮上。韓国のノ・スンヨルは通算5アンダーの23位タイ。ディフェンディングチャンピオンのアルバロ・キロス(スペイン)、イングランドの新鋭トム・ルイスは2日連続「70」と伸ばしきれず、4アンダーの27位タイでトーナメントを折り返した。

2012年 オメガドバイデザートクラシック




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~