ニュース

欧州男子ヴィヴェンディ セベトロフィーの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ヴィヴェンディ セベトロフィー
期間:09/15〜09/18 場所:サン・ノム・ラ・ブレテシュ(フランス)

英国・アイルランド選抜が連覇に王手!

フランスのサン・ノム・ラ・ブレテシュで開催中の“大陸ヨーロッパ選抜”と“英国・アイルランド選抜”のチーム対抗戦「ヴィヴェンディ セベトロフィー」3日目。連覇を狙う英国・アイルランド選抜が最終日を前に5ポイント差をつける大量リードを奪った。

この日はダブルスによるグリーンサム・マッチプレー(ティショットは全選手が放ち、2打目以降はチームごとに交互に打っていく)4試合と、フォアサム・マッチプレー(ティショットからチームごとに交互に打っていく)4試合が行われた。

<< 下に続く >>

すると第1組のサイモン・ダイソン(イングランド)&ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)組がニコラス・コルサート(ベルギー)、マッテオ・マナッセロ(イタリア)のペアをオールスクエアで迎えた14番から2連続アップを奪い、2アンド1で破って先陣を切る。すると第2組こそドローで0.5ポイントを分け合ったものの、続くイアン・ポールターロス・フィッシャー(ともにイングランド)、そしてリー・ウェストウッド(イングランド)&スコット・ジェイミソン(スコットランド)の組が連勝をマーク。グリーンサム全4戦を3勝1分けとした。

さらにフォアサム形式でもリードを広げた。最初のロバート・ロック(イングランド)とドナルドソンは、フランチェスコ・モリナリとマナッセロのイタリアコンビとドロー、続く組は大陸欧州選抜のトーマス・ビヨーンアンダース・ハンセン(ともにデンマーク)に敗れるが、最終2組が挽回。ダイソンとポールター組、ウェストウッドとデビッド・ホージー(イングランド)が3アンド1、4アンド3といずれも大差で白星をつけた。

結局この日、英国・アイルランド選抜は6ポイント、大陸選抜は2ポイントを加点。総合成績で11.5対6.5となった。18日(日)の最終日は、シングルス・マッチプレー10試合が行われる。大陸選抜の大逆転はあるか。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ヴィヴェンディ セベトロフィー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!