ニュース

欧州男子コマーシャルバンク・カタールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

M.ブライヤーが首位浮上!世界ランク上位は波乱

カタールにあるドーハGCで開催されている、欧州男子ツアー第7戦「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」の2日目。日没サスペンデッドでホールアウトできなかった7名が早朝からプレーを行い、その後第2ラウンドがスタートした。

この日スコアを伸ばしたのはオーストリアのマークス・ブライヤー。6バーディ、ノーボギーで通算7アンダーの単独首位に浮上した。2006年、07年に欧州ツアーで1勝ずつ果たしているブライヤーが決勝ラウンドでもスコアを伸ばすか注目される。

首位と1打差の通算6アンダー単独2位は、南アフリカのダレン・フィチャート。この日4つのボギーを数えたが8つのバーディを奪った。さらに1打差の通算5アンダー3位タイにトーマス・ビヨーン(デンマーク)、ロバート・カールソン(スウェーデン)、リチャード・フィンチ(イングランド)の3人が並んでいる。

ベテランのビヨーンは、2番から5連続バーディを奪うなど、首位のブライヤーを上回る7アンダーをマーク。2オーバーの34位タイから一気に順位を上げてきた。また、カールソンは大会連覇に向け、好位置をキープしている。

初日に自身の誕生日を祝うようにスコアを伸ばして暫定首位に立った南アフリカのレティーフ・グーセンは、スコアを1つしか伸ばせず通算4アンダーの6位タイに後退。ワールドランキング2位のマーティン・カイマーは通算3オーバーの57位タイでぎりぎり予選を通過。同1位のリー・ウェストウッド(イングランド)はスコアを崩し、通算4オーバーの77位タイで予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 コマーシャルバンク・カタールマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。