ニュース

欧州男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:シネコックヒルズGC(米国ニューヨーク州)

首位は譲らん!丸山がP.ミケルソンと並び決勝へ

ニューヨーク州のロングアイランドにあるシネコックヒルズゴルフクラブで開催されている、第104回「全米オープン」の2日目。初日がサスペンデッドになったため、午前7時から第1ラウンドの残りが行われた。日本の伊沢利光は6番ホールからプレーを再開。直後の7番でバーディを奪ったが、その後、霧のため一時中断になるなど伊沢はペースをつかめずスコアを崩してしまった。

その後行われた第2ラウンドでは、午前と午後に大きな動きがあった。午前スタート組の主役は、「マスターズ」初のメジャータイトルを掴んだフィル・ミケルソン。第1ラウンドの再開した7番ホールでボギーを叩いたが、続く8番でバーディを奪い2アンダーで第2ラウンドに突入。1番でバーディを奪い、8番でもスコアを伸ばした。後半も12番と16番パー5で確実にスコアを伸ばし6アンダーの単独首位に立った。

<< 下に続く >>

ミケルソンに待ったをかけたのは、午後スタートの丸山茂樹だった。初日4アンダー首位タイにつけた丸山は、13番でセカンドショットをピンそばにつけバーディ発進。さらに17番パー3でもスコアを伸ばしミケルソンを捕えた。後半2番でバンカーからの3打目がピンに寄らず、今大会初めてのボギーを叩いたが、3番ですぐに取り返した。さらに5番パー5でバーディを奪い単独首位に浮上。そのままホールアウトできるかと思われたが、最終9番で惜しくもボギーを叩きミケルソンと並んで決勝ラウンドを迎えることになった。

丸山と同じ組でラウンドしたタイガー・ウッズは、スタートの10番でボギーを叩くと、その後もチャンスをつかめず苦しいラウンドが続いた。後半5番パーで2日連続でのバーディを奪い、続く6番でもスコアを伸ばしスコアを1つ伸ばして予選ラウンドを終えた。首位の丸山とは7打差の1オーバー、残り2日でどこまで伸ばしてくるか注目される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!