ニュース

欧州男子オープン・デ・セビリアの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 オープン・デ・セビリア
期間:04/15〜04/18 場所:レアルクラブ・デ・ゴルフ(スペイン)

ヒメネスが一歩後退!代わって若手のバレステロスが浮上

スペインのセビリアにあるレアルCGで行われている、欧州男子ツアー第13戦「オープン・デ・セビリア」の2日目。大会初日ロケットスタートに成功したニコラス・コルサーツ(ベルギー)だったが、パー3で2回のダブルボギーを叩く大乱調。スコアを3つ落として通算4アンダーの17位に後退。

代わって首位に浮上したのは、C.モナステリオ(アルゼンチン)だ。バーディを量産したモナステリオはこの日8バーディ3ボギーのスコア“67”をマーク、通算9アンダーまで伸ばした。

<< 下に続く >>

首位と1打差の2位につけているのは、R.バレステロス(スペイン)とE.カノニカ(イタリア)。バレステロスは2番、3番で連続バーディを奪い波に乗り、スコア“68”をマーク、7位から2位に順位を上げた。また、3位からスタートしたカノニカは確実にバーディを積み重ねスコア“69”、首位を追走している。

一方、優勝候補に挙げられているミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)は、出入りの激しいゴルフを展開。4バーディ5ボギーとスコアを1つ落とし通算3アンダー、7位から22位に後退した。

そのほか佐藤信人は、パットが思うように入らずボギーが先行する苦しい展開。この日は2バーディ2ボギーのイーブンパーでスコアを伸せず、通算3オーバー99位で予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2004年 オープン・デ・セビリア




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!