ニュース

欧州男子メイバンク・マレーシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 メイバンク・マレーシアオープン
期間:03/04〜03/07 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

初日は日没サスペンデッド、日本勢は揃って出遅れる

欧州男子ツアー第9戦「メイバンク・マレーシアオープン」が、マレーシアにあるクアラルンプールG&CCで開幕。リース・デービス(ウェールズ)と、イグナシオ・ガリード(スペイン)が、7アンダーで暫定首位に並び立っている。

アジアンツアーとの共催イベントとなっている本大会。6人が参戦している日本勢は、初日から厳しい戦いを強いられた。日本勢のトップは、イーブンパー、暫定48位タイでホールアウトした藤田寛之。前半は3バーディ1ボギーとスコアを伸ばしたが、後半2ボギーを叩いて振り出しに戻ってしまった。藤田に続き、1オーバー、暫定71位タイには谷原秀人。こちらは終盤の3連続ボギーが響いて順位を下げた。

<< 下に続く >>

片山晋呉丸山大輔平塚哲二の3人は、いずれも4オーバーと苦しみ、暫定122位タイでホールアウト。いきなり予選落ちの危機にさらされている。市原弘大も、1バーディを記録しただけという内容で、サスペンデッドとなった17ホールを終えた段階で6オーバー、暫定147位タイとなっている。

一方、首位争いを演じているのはデービスとガリード。デービスが3連続を含む7バーディ、ノーボギーでラウンドすれば、対するガリードも1ボギーは叩いたものの、1イーグル6バーディと譲らず。ともに7アンダーで暫定首位タイに並んでいる。

6アンダー、暫定3位タイにはトンチャイ・ジェイディ(タイ)とD.H.キム(韓国)。続く5アンダー、暫定5位タイにはイングランドのマーク・フォスター、崔京周(韓国)ら4人が並んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 メイバンク・マレーシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!