ニュース

欧州男子エンジョイ・ジャカルタ・インドネシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

T.ジェイディとS.ダイソンが暫定トップを並走ながら、混戦が続く!

インドネシア、エメラルドG&CCで開催されている、欧州男子ツアー第11戦「エンジョイジャカルタ HSBCインドネシアオープン」の2日目。日没サスペンデッドとなったが、暫定のトップには、通算10アンダーで、トンチャイ・ジェイディ(タイ)とサイモン・ダイソン(イングランド)が並んでいる。

暫定トップに並んでいる両選手は対照的なプレー内容だった。共にサスペンデッドながらホールアウトは出来ているのだが、出入りの激しい内容だったのがジェイディ。2つのイーグルを奪う攻めの姿勢でギャラリーを沸かせたものの、3つのボギーに1ダブルボギーと精彩を欠いた。しかし、バーディも5つと、パーの数を数えたほうが少ないような内容で、それでも4つスコアを伸ばしている。

<< 下に続く >>

それに対し、ダイソンは安定したプレー。ボギーは1つ叩いてしまっているものの、あとはバーディをコンスタントに重ね、ジェイディと同じく4つスコアを伸ばして、共に通算10アンダーで、暫定トップに並んだ。

暫定の3位タイには、トップタイからスタートした、T.チャン・ワング(台湾)とステファン・ドッド(ウェールズ)が通算9アンダーで追う展開に。トップから2打差の暫定5位タイには、デビッド・ヒギンズ(アイルランド)ら4人が通算8アンダーでひしめき、混戦模様が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 エンジョイ・ジャカルタ・インドネシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!