ニュース

欧州男子ジョニーウォーカークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 ジョニーウォーカークラシック
期間:02/09〜02/12 場所:ザ・バインズ・リゾート&CC(オーストラリア)

A.スコットが2連覇に向けてトップタイと好発進!伊沢利光は大きく出遅れる

欧州男子ツアー第9戦「ジョニーウォーカークラシック」が、オーストラリア、パース、ザ・バインズ・リゾート&CCで開幕。今大会は、欧州、豪州、アジアの3ツアー共同での実施。初日トップに立ったのは、昨年のこの大会で優勝を遂げたアダム・スコット(オーストラリア)と、クレイグ・スタドラーの息子としても知られる、ケビン・スタドラー(アメリカ)。8アンダーでトップタイに並んでいる。

地元で注目も集まるスコットは、10番からのスタート。16番から4連続バーディを奪うなど攻撃的なプレーを見せ、2つのボギーを叩いているものの、1イーグル、8バーディを奪っての、8アンダーで、トップに立っている。

<< 下に続く >>

静かな滑り出しを見せたのは、スタドラーだった。着実に8番まで2つのバーディを奪ってノーボギーという展開。しかし、9番からを6連続バーディを奪って、一気にスコアを伸ばした。結局9バーディ、1ボギーで、こちらも8アンダーでトップにつけた。

日本勢で注目の伊沢利光は、荒れ模様の展開。3つのバーディを奪ったものの、5つのボギーを叩いてしまい、2オーバー。113位タイと、苦しい初日となった。もう一人の日本勢、溝口英二も、伊沢同様スコアをまとめることが出来ず、6オーバー、148位タイと低迷している。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ジョニーウォーカークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!