ニュース

米国女子カパルアLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 カパルアLPGAクラシック
期間:10/16〜10/19 ベイコースカパルアリゾート(ハワイ州)

桃子のガッツUSA!!

25位タイの桃子「評価はゼロです」

2008/10/19 18:30


米国女子ツアー第29戦「カパルアLPGAクラシック」に出場している上田桃子は、3日目を終えて首位と6打差の25位タイ。優勝を目標に参戦した大会で、最終日に少しでも上位争いに絡みたいところだ。

今週の鬼門となっていたパー5だが、上田は立ち上がりの1番パー5で、3打目をピンそば40cmにつけてバーディとし、絶好のスタートを切る。しかし、2個目のパー5となる6番では、パーオン出来ず、アプローチを80cmに寄せたものの、このパーパットを外してボギーとしてしまう。後半に3つあるパー5もすべてパーとした上田は、16番でダブルボギーを叩くなど、この日は3バーディ2ボギー1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、通算2オーバー。順位は変わらず25位タイで、4日間の戦いを終えた。

「もったいないミスが多すぎました」と肩を落とした上田。「来年の(開幕戦が開催される)タートルベイまでに、目の強いグリーンとか、風の対処をしっかりして戻りたいです」と、浮き彫りとなった課題の克服を誓った。

「勝つためにここに来たし、優勝争いを出来ていないので、評価はゼロです」と、いつにも増して厳しい自己評価の上田。優勝したモーガン・プレッセルとの10打差について、「ミスが5打で、マネジメントで1~2打。ショートゲームで5打くらい。色んな1打が重なって、この差が出ている」と唇を噛んだ。

日本開催の「ミズノクラシック」を除けば、この試合で今年の上田の米ツアー挑戦は最後となる。「一つずつのミスを無くせば、チャンスはある。日本でショートゲームを磨いて、来年アメリカで勝てるように頑張ります」という上田。だが、来季のスケジュールについては、「来年は、アメリカをもっと少なくするかも。今年は中途半端だったので、来年は色々考えます」と、日本ツアー復帰も視野に入れているようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カパルアLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。