ニュース

米国女子カパルアLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 カパルアLPGAクラシック
期間:10/16〜10/19 ベイコースカパルアリゾート(ハワイ州)

桃子のガッツUSA!!

桃子、悔しさ募る41位タイ

2008/10/16 18:30


8月の「全英リコー女子オープン」以来、約2ヵ月半ぶりの米ツアー挑戦となる上田桃子。今年が初開催となる「カパルアLPGAクラシック」には、特別の思いを持って臨んでいる。

「遣り残したことをやるために来た」という上田。今季は日本ツアーで2勝を挙げているが、米ツアーでは優勝争いには絡むものの未だ未勝利。来年の準備の為と位置づけていた今年だが、この試合で目指すものは勝つことだけだ。

大会初日は、ハワイ特有の強い風が吹きつけるコンディションとなったが、「風には悩まされなかった」という上田。2番でボギーとしたが、その後は3 番、13番、15番でバーディを奪って2アンダーへとスコアを伸ばす。しかし、17番パー3で、アプローチを1mに寄せるも決められずにボギーとすると、続く18番パー5では、ティショットをフェアウェイ右のバンカーに入れてしまう。バンカーからの2打目は、前方の木に当たって右ラフに落ち、3打目でグリーン左手前のラフまで運ぶ。だが、深いラフからの4打目をグリーン奥に外し、結局5オン2パット。後味の悪いダブルボギーフィニッシュとしてしまった。

「2アンダーが目標でしたが、アンダーで回れた1日をオーバーパーにしてしまって腹が立ちます」と、ホールアウト直後は怒りが収まらない様子の上田。「本当に上がり2つがもったいなかった」と、自身の詰めの甘さを悔いつつ、「今日の18番が今週一番の反省点になるかも知れないです」と、この1ホールのミスを深く心に刻みつけた。

初日を終えて、トップとは5打差の41位タイ。4日間の戦いであることを考えると、まだまだ巻き返しは可能な位置だ。この怒りをプラスの力に換えることが出来るのか、残り3日間の戦いに注目したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カパルアLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。