ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、ショット好調の反動でアプローチが…

2008/09/26 18:30


「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」初日の上田桃子は、前半を1バーディで折り返すと、後半は3バーディ2ボギー。トータル「70」の通算2アンダーで回って、首位と1打差の6位タイで初日を終えた。

前半は安定したドライバーショットを見せていた上田だったが、この日のペアリングは福嶋晃子三塚優子という飛距離の出る2人。「2人が飛ぶので、意識していなくても飛ばしたいという本能が出てしまった」と、段々とスタンスがワイドになってきたという。後半に入り、スタンスは修正したが、「テイクバックが浅くて、突っ込みすぎてしまった」と、時折ティショットを左に曲げるミスが出た。

それでも、2打目以降でリカバリーを見せる上田。しかし、「最近はショットの調子が良くて、アプローチの練習が出来ていなかった」と、14番パー 5、18番パー5ともに3打目をガードバンカーに入れて、寄せ切れずのボギーとしてしまう。「マンシングの時もそうだったのですが、ライも良くて簡単なのに、重心が落ちなくてアドレスがしっくりこなかった」と、ショートゲームを課題に挙げた。

「今からバンカー練習に行きたいです」と会見を終えた上田は言ったが、この日は親交のある楽天イーグルス・田中将大投手が投げる、楽天vsオリックス戦を観戦しに行く予定だという。「パターは凄くいいし、噛み合えば良いスコアは出ると思う。野球を見て、パワーを貰いたいですね」という上田は、短時間に集中して練習をこなすと、足早に会場を後にした。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。