ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

2年連続で優勝を逃してしまった!

2008/09/21 18:30


国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。最終組の2つ前にスタートした上田桃子は、前半に3ストローク伸ばし優勝争いに名乗りを上げた。そして13番8メートルのバーディパットを沈めて8アンダーまで伸ばし、ついに首位タイに浮上。さらに17番で5メートルのバーディを決め9アンダーで単独首位に浮上した。

上田が17番で第2打地点に着いたとき、雷が接近したためプレーが中断となった。午後から降り出した雨も強さを増し、1時間20分後の15時25分に再開された。上田のこの日5つ目のバーディはその直後だった。

そして迎えた最終18番。「中断が長くて、ティショットは久しぶりだったので捕まりすぎました」。3番ウッドでのティショットは左サイドのラフへ。続く2打目は左を嫌い右方向に打ち出したのだが、グリーン右サイドのバンカーへ。3打目はクラブのフェースを開いて打ったが、思ったほどピンに寄せられず15メートルを超えるパーパットを残してしまった。

このホールをボギーとした上田は、不動裕理、そして新崎弥生とのプレーオフになったが、その1ホール目で不動に優勝をさらわれてしまった。「去年も今年も勝てる試合でした。今週ももったいない一打が多かったですね。一打の重みをもう一度考えて、来週も優勝争いしたいです」。先週は4位タイ、今週は2位タイに終わった上田は、ゴルフの調子自体は良いと話す。2週間後の「日本女子オープン」に備え、さらに調子を上げてきそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。