ニュース

米国女子ギントリビュートの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ギントリビュート
期間:05/29〜06/01 リバータウンCC(サウスカロライナ)

桃子のガッツUSA!!

「調子はいいのに…」桃子、スコアを伸ばせず不満顔

2008/06/01 09:30


サウスカロライナ州で行われている米国女子ツアー第14戦「ギントリビュート」。初日、2日目と好調なゴルフで通算4アンダーとし、25位タイで予選を通過した上田桃子は、さらなる上位進出を目指して決勝ラウンドに臨んだ。

ところが、「朝からお腹が痛くて…」という上田は、スタート前に普段通りの練習をこなせずにティオフの時間を迎えてしまう。前日までの精度の高いショットは健在で、3番ピン下2m、4番上1.8m、5番上1.8mと3連続でバーディチャンスにつけたが、準備不足の影響か、これをことごとく外してしまう。結局前半はスコアカード通りにプレーして折り返した。

後半は一転、出入りの激しいゴルフとなる。10番でティショットを左に曲げてボギーとしたが、続く11番パー5では第2打をグリーン手前の花道まで運び、残り10ヤードからSWで直接チップイン!初日に続いて今大会2個目のイーグルを奪った。しかし、後半は4つのボギーが響いて「37」。結局この日は1オーバーで、スコアを通算3アンダーに落とし、順位も34位タイへと一歩後退した。

「パターの感じは悪くなかったけど、初日と同様に決められなかった」と不満顔の上田。「9つくらい入れたいパットがあって、その半分でも入ってくれたら楽になったと思うので残念です。調子がいいのに結果が出ないことを真剣に考えて、もっと自信を持ってスムーズにパターを打ちたい」と、ミケロブオープンで打ち砕かれた自信を取り戻すことを、精神的な課題に挙げた。
「4日間あることがラッキーと思って、明日はガンガン攻めていきたい」という上田。最終日に、持ち前の爆発力を発揮して欲しいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ギントリビュート




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。