ニュース

米国女子ギントリビュートの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ギントリビュート
期間:05/29〜06/01 リバータウンCC(サウスカロライナ)

桃子のガッツUSA!!

桃子、心身ともにリフレッシュして「ラインが見えてきた!」

2008/05/27 09:30


ここ最近は5週間の連戦を戦ってきた上田桃子。その間は5位という好成績も残しているが、2試合で予選落ちを喫するなど、好不調の波の激しさが目立った。「この5週間はいいことも悪いことも沢山あって疲れていました。オフはメリハリをつけようと思っていました」という上田は、先週6週間ぶりに試合を休んで完全休養。月曜から土曜までは一切クラブを握らず、ボストンでメジャーリーグ観戦をするなど、渡米後初めてとなる充実したオフを過ごした。

週明けコースに現れた上田は、いつになく明るい表情を見せた。オフの話題について一通り話し終えると、「こういう楽しさを味わう為に、試合で頑張っていくんだなと思いました」と、戦う気力のチャージも十分なことを感じさせた。

今週はアニカ・ソレンスタムがホステス役を務める「ギン・トリビュート」に臨む。舞台はサウスカロライナ州にあるリバータウンCC。月曜日にアウトを回り、火曜日は18ホールをラウンド。「インが別のコースのように難しい」という上田は、「インで耐えて、アウトで伸ばす」という方針を固めた。

大会前日はプロアマのウェイティングに入り、練習場で時間を過ごした。そこでも、キャディの川口さんと、コースマネジメントや、試合に臨む態度、今の自分がどう映っているかなど、今まで思っていた精神的な疑問解決の為に、多くの時間を費やした。オフによって生まれた精神的なゆとりが、試合に対するアプローチにも余裕を与えているようだ。

さらに、ここ最近悩んでいたパッティングも、「今シーズンで一番良いフィーリング」になりつつあるという。調子の良いときに見えるというパッティングラインも、「昨日から見えてきた」という。「ショットもパットも悪くないので、あとはメンタルの勝負だと思います」と話した上田。今週の上田のゴルフからは、目が離せそうにない。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ギントリビュート




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。