ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、パットに苦しみ14位タイ

2008/11/16 12:15


「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の最終日は、小雨が降るあいにくの天候となった。2日目を終えて首位と2打差の上田桃子は、2打差圏内に17名がひしめき合う大混戦を抜け出しての逆転優勝を目指し、第12組からスタートした。

1番パー4は、2打目をピン左4mにつけ、続くパットがカップ右ふちから最後転がり落ちるように入って、昨日同様バーディ発進とする。だが、その後のホールが続かない。3番では3mのバーディチャンスを決めきれず、前半は1つスコアを伸ばすに留まり、通算7アンダーで折り返した。

「パッとしない、パターが入らない、ショットも悪い」という上田。10番グリーンでは、段の下からのファーストパットが段を上がらず3パットのボギーとすると、15番でも1.5mのバーディパットを外し、天を仰いだ。16番からの上がり3ホールは、バーディパットを全てショートしてパーとする。結局、最後までショット・パットともに本来の切れは戻らず、通算7アンダーの14位タイで3日間の戦いを終えた。

「これだけパターを外していると自信を持って打てないし、流れも悪くする。もうちょっと余裕を持ってプレー出来ればいいのですが」と肩を落とした上田。だが、すぐに切り替えるように、「来週はディフェンディングチャンピオンの大会なので、恥じること無いプレーがしたいです。優勝争いをしたいし、良いゴルフをして最終戦に繋げたいです」と、前を見つめた。

次週の「大王製紙エリエールレディス」は、昨年上田が賞金女王を決めた思い出の大会。ここ数試合は優勝争いにも加われずに調子を落としているが、悲願の初メジャータイトル獲得が掛かる最終戦を前に、どこまで仕上げてくるか注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。