ニュース

米国男子ファーマーズ・インシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン
期間:01/26〜01/29 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

石川遼

遼、難コース攻略 納得の3アンダー発進

2012/01/27 10:31


米国男子ツアーの今季第4戦「ファーマーズ・インシュランスオープン」が26日(木)、カリフォルニア州のトーレパインズGCで開幕。石川遼は我慢のゴルフで「69」をマークして3アンダー。順位こそ37位タイとなったが、難コースで上々の滑り出しを見せた。

ノースコースとサウスコース、全選手が2つの異なる18ホールをプレーする予選2日間。石川は初日、距離が長く、難易度が高いといわれるサウスをラウンド。10番からスタートすると、11番(パー3)で左から6メートルを沈めてバーディを先行、さらに13番(パー5)でも奥から5メートルのバーディチャンスをものにした。

序盤でいきなり2バーディを奪ったが、この日のプレーを光らせたのはグリーン上での粘り。14番、15番、そして18番と2メートル前後を残したパーパットを沈めた。

さらに2アンダーで折り返し、風が強くなった後半。4番でドライバーショットを右に打ち出し、初めてボギーをたたいたが、続く5番ではライの悪い右ラフからの第2打で、ピンが切られたグリーンの右サイドを避け、左に狙い通りパーオン。「あのホールのパーが大きかった。勇気を持って、セーフティに打っていけた」とピンチを乗り切ると、8番では7番アイアンでのティショットをピンそば80センチ、最終9番では右ラフからの第3打を2メートルにつけて連続バーディで締めくくった。

「グリーンを外してもパーセーブできて、内容が良かった。パットは良い転がりをすることだけを考えた」。この日の両コースの平均スコアはノースが69.244に対して、サウスは72.846。この難コースをラウンドし、石川よりも良いスコアを残したのは6選手だけ。また、同コースは決勝ラウンド2日間でも使用されることからも、良いイメージを培ったのも大きい。

今季初の予選通過へ大きな一歩を踏んだ石川は2日目、ビッグスコアも可能なノースでのラウンドが待つ。「きょうはパープレーでもまあまあ、というところから、ゴルフのイメージは変わる。今日、ノースで回った選手は5アンダー、6アンダーと出している。僕は今日、(自分の1ラウンドのノルマとしている)ギリギリの4バーディ。明日はそれ以上獲りたい」。グリーンの状態も悪く、風の影響も受けやすい最終組でのスタートとなるが、不安は感じさせなかった。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。