ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、3回戦で完敗も「ここまで良いプレーができるとは・・・」

2010/02/20 11:29


「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」初出場でベスト16に進出した石川遼は、3回戦でトンチャン・ジェイディと対戦。1月開催の「ザ・ロイヤルトロフィ」ではアジア代表として同じチームでプレーしていたこともあり、スタート前にガッチリと手を組み談笑するなど、これまでの2日間とは違う雰囲気の中でスタートを切った。

だが、スタート後は一方的とも言えるジェイディの猛攻に合う。1番パー4の2打目でピン奥1.2メートルにつけるが、ジェイディに8メートルのバーディパットを先に捻じ込まれる。強烈な先制パンチを受けた石川はこのバーディパットを外し、早々と1ダウンのビハインドを負う。「グリーンに上がった時は自分が有利でも、1つのストロークで流れが変わってしまう。これがマッチプレーなんだな、と感じました」。

<< 下に続く >>

続く2番でもバーディを奪われて2ダウン。その後もジェイディに差を広げられ、12番を終えた時点で6ダウン。13番で早くもドーミーホールを迎えてしまう。分けでも敗北が決まるこのホールで「少しでも長くプレーしたかった」とチップインバーディを奪い、次のホールに持ち込む意地を見せたが、続く14番で1.5メートルのバーディパットを外して敗北。4ホールを残し、5&4の完敗を喫した。

手も足も出なかった完敗に「悔しいです」と表情を強張らせる石川だが、「ここまで良いプレーができるとは思いませんでした。これからの僕のゴルフ人生に繋がると思います」と、3回戦進出という結果には素直に評価。「日本で積み重ねてきたことをアメリカで全て発揮することを目標にしていましたが、できて嬉しいです。この3週間で見つかった課題を日本に持ち帰って、練習に活かしたいですね」。3週間のアメリカ遠征で植えつけた自信と、新たに見つけた課題。また一回り成長を遂げ、再び3月に挑む米ツアー、そして4月の「マスターズ」へ臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!